スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用の美

2009.11.11 20:28|暮らし

今日は市の教育委員会主催の講演会に行って来ました。
正直、行きたくて行ったわけじゃなく、
学校の役員だから仕方なくだったのですが・・・。
きっとお昼寝タイムになるだろうなと予想していたけど、
江戸時代の町民文化や子育ての話なども出てきて、かなり面白かったです。
全然期待していなかっただけに、ちょっと感動すらしてしまいました・笑

江戸時代は、子育ては5つの時代に分けられていて、
「3つ心、6つ躾、9つ詞(ことば)、12つ文、15つ理(ことわり)」とされていたそうです。
簡素ななかに、要点がきちっと入っているいい言葉だと思いました。
江戸時代は、学問ができるかどうかより、品格や道徳心のほうが大事にされ、
親は子供に、自らの行動でそれらを教えました。
「親の背中を見て育つ」などというように、今でも言われることではありますが、
じゃあ、それが出来るか?と言われたら、それは本当に難しい。
私は精神面はとっても弱くて、お手本どころか娘に叱られるくらいなので・・・笑
でも、唯一の得意分野である家事に関しては、せめて子供の手本になりたい。


11


私は、昔の日本の暮らしが好きで、
生活をわざと昔流に不便にしているところもあるけれど、
それは、昔の暮らしには筋の通った道みたいなものを感じるからだと思います。
日本の風土に合った道具や家具は、使いやすいし見た目にも美しい。
そして、箒で掃く、鰹節を削るといったような、
それを使う時の仕草も、とても綺麗・・・。

便利な暮らしとは言えないかも知れないけれど、
昔の道具を通して、そこにある秩序や美しさが、
少しでも子供たちに伝わっていたらいいなと思います。
スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

コメント

はじめまして

おじゃまします。
いつも拝見させていただいております。
私も、着物が好きで、和裁と着装の勉強中です。

今一人っ子の娘も小学生の中学年になり
きものに携ることで、
自分に出来る事を・・・と模索中ですが、
今日のあゆさんの文を読んで
たった一人の娘に何を伝えられるか?
今一番大切な事は、何か?
そんな思いにさせていただきました。

ありがとうございました。


taapilさんへ。

初めまして~。コメントありがとうございます。
私もtaapilさんのブログをときどき拝見させて頂いていました。
和裁や茶道もされていて素敵だな~と思っていたのです^^
お嬢さんが中学年と言うことは、長女と同じくらいですね。
どうぞよろしくお願いします。

我が子へ伝えたいことは、家庭によって色々だと思いますが、
着物や和のお稽古をされている方には、共通の思いがあるのではないでしょうか。
taapilさんのお嬢さんは、taapilさんが言葉にしなくても、お着物や暮らしから伝えたい大事なことを感じられているのではないかなぁと思います。
大げさなことじゃなくても、毎日の暮らし自体が、行動で伝えるということなのでしょうね^^
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あゆ.

Author:あゆ.
ご訪問ありがとうございます。
季節の移り変わりを感じながら、古き良き日本に倣って暮らしたいと願う一主婦のブログです。
着るもののこと、食べるもののこと、住処のことなどを徒然に綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。