スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うずらの誕生

2014.08.10 10:59|暮らし

先週から、やっと土用干しをはじめました。

P8060037_convert_20140810102555.jpg

3日連続はできないので休日ごとに干して、あと一回干したいな~という感じ。
早く味見したいです♪

7月のはじめ、次女がアメリカうずらを飼っている近所のおじさんから、たまごを三つ貰ってきました。
「食べてもいいし、温めたらひよこにもなるよ」と言われて、次女は迷わずひよこを選択。
いつもの孵卵器にセットしたのですが・・・
予定日を数日過ぎても卵はうんともすんとも言わず。
「うまく育たなかったのかな?」と思い、電源を抜いて、後で片付けようとそのままにしておくことさらに3日・・・

家に帰ってふと見ると、卵にヒビが!!!

P8010001_convert_20140810102416.jpg

あわてて電源を入れ直しましたが、
電源を切ってからは温度を保てていなかっただろうし、湿度も足りなかったはず・・・
あとはもう神頼みでした。


そんなことは何も知らないひよこちゃん、順調に殻を割って元気に出てきました!

P8010018_convert_20140810102437.jpg  P8010021_convert_20140810102453.jpg

ああ~~~!良かった!
真夏で気温が高かったのが良かったのだと思いますが、春先だったらダメにしちゃっていたはず。
鶏の場合、今まで予定日を48時間以上過ぎて孵ったことはなかったのですが、
今回は5~6日は過ぎての孵化でした。
ダメかなと思ってもすぐに諦めちゃいけませんね・・・反省です。
ちなみに残りのふたつはさらに数日待っても孵らなかったので、割って中を開けてみました。
ひとつは全く成長していない卵、もうひとつはひよこの形になって死んでいる卵でした。
ほぼひよこの形になっていたほうは、電源を抜かなければ孵ったかもしれないと思うと後悔しきりです・・・


無事に生まれたひよこのうーちゃんは生命力が強いようで、
うずらのヒナ飼育で難しいと言われている水の飲み方もすぐに覚え、ぐんぐん成長しています。

P8030034_convert_20140810102517.jpg  P8030025_convert_20140810102531.jpg

上の画像は生まれた翌日、下の画像は一週間後です。

P8100049_convert_20140810102625.jpg

写真ではあまり違いがわからないですが、一回り以上大きくなりました~。
この子は室内飼いの予定なので、目指せ手乗りうずら♪です。

スポンサーサイト

コメント

もって生まれたもの?

こんにちは。

生き物ってやっぱり、もって生まれた何かがあるんでしょうねぇ。同じ条件で
も三者三様なんですね。無事に生まれて来た強いう〜ちゃんは、他の2羽分も
たくましく生きて欲しいですね。この子にしたって、お嬢さんの判断しだいで
は目玉焼きになっていたのかもしれないし。

おはようございます。

孵化のタイミングは個々違いますからね。
みかたまも小さい頃に縁日の屋台から逃げ出したと思われるウズラのひなを飼ったことがあります。
水遣りはスポンジか脱脂綿に水を含ませてあげた記憶があります。
ジャンプ力があるので、大きくなるまで飼育ケースで飼うのなら頭部をケガしないように天井にクッション材として空気穴を確保しつつタオルを敷くといいですよ。
あとは鳥を飼ってると臭いを嗅ぎつけてヘビが寄ってくるので気をつけてね。

う~ちゃん、上手く育つといいですね。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あゆ.

Author:あゆ.
ご訪問ありがとうございます。
季節の移り変わりを感じながら、古き良き日本に倣って暮らしたいと願う一主婦のブログです。
着るもののこと、食べるもののこと、住処のことなどを徒然に綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。