スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子でちょい投げ&藍染め体験

2012.08.06 14:44|暮らし
昨日は、朝の4時に家を出て、銚子へ釣りに行って来ました。

P8050021_convert_20120806123528.jpg


はじめはサビキましたが、周りもあまり釣れている様子がなく・・・

P8050028_convert_20120806123620.jpg  P8050029_convert_20120806123644.jpg

コマセの無駄遣いをして、小さめの黄アジ2匹だけで場所移動~。

P8050025_convert_20120806130142.jpg

マリーナでもあまり釣れていない風だったのですが、ちょい投げでイシモチが釣れました。
サビキで小アジが2匹釣れ、もうちょっと粘りたかったのですが予定があったので納竿。

P8050030_convert_20120806123736.jpg



マリーナを後にして、銚子ちぢみ工芸館へ。

P8050033_convert_20120806123802.jpg

銚子ちぢみは、江戸初期にはじまった日本で一番古いちぢみ織りの織物です。
漁師のおかみさんが副業として機を織り、上物は利根川を渡って江戸に行き、粋人に愛されたそうです。
糸に撚りがかかっているので生地にしぼができ、肌に張り付かないさらっとしたとても雰囲気のある織物で、
昭和29年に無形文化財に指定されています。
今では銚子ちぢみを織っているのは、この大善さんのみになっています。

基本的には藍染めのものが中心で、本藍先染めの縞模様や裏変わり長板染めが有名です。
縞模様は、着物人にはかつお縞がお馴染みですが、
縞の幅が細くなるにしたがって、まぐろ、かつお、さんま、いわしと呼ぶそうで、
漁業の町らしいユーモアだなぁと思います♪


こちらでは、ちぢみの白生地のハンカチに藍の絞り染めを体験できます(要予約)。

P8050036_convert_20120806123852.jpg

好きな場所に輪ゴムで絞りを作って・・・

P8050037_convert_20120806123920.jpg  P8050038_convert_20120806124039.jpg

水通しをします。(流しの前に育っているのは藍です)


大きな藍染め液が入った瓶がいくつもあって、ふたを開けると独特の匂いがします。

P8050044_convert_20120806124120.jpg  P8050046_convert_20120806124222.jpg

30秒ほどつけて取り出します。

つけた瞬間は緑なのですが、空気に触れると酸化して青くなります。

P8050047_convert_20120806124256.jpg

この工程を3~4回繰り返し、好きな藍色になったら色止めをします。


色止めのカメのふたを開けて・・・「なんの匂いがする?」
子ども達「お酢~~~!!」

P8050048_convert_20120806124330.jpg  P8050049_convert_20120806124358.jpg

酢酸液に漬けると、さらに鮮やかな藍色に変わります。


ゴムを外して水洗いして広げると・・・絞り染めの完成です♪

P8050052_convert_20120806124501.jpg

ハンカチの藍染めは一時間ほどで完成ですが、
これを10メートル以上ある反物ですることを考えると、とても大変な作業だと思います。


今回の訪問では、あわよくば銚子ちぢみの着尺でも・・・などと考えていたのですが、
伝統工芸の素晴らしさを垣間見て、私にはまだ不相応に思えたので小さながま口だけを買いました。
これはさんま縞かな・・・?

P8060087_convert_20120806131539.jpg

着付け師として自信を持って仕事をして、その技術でお金を貯められるようになったら、
銚子ちぢみの着物を誂えたいな~と思います♪



午後から、コマセを買い足し再びマリーナへ。

P8050056_convert_20120806124723.jpg

小アジがぽつぽつ釣れるだけでほぼフグ攻めで、
もう止めようか~?と思った夕方にコハダとコノシロが釣れました。
コノシロが釣れた時は何の魚かわからず、「ボラにしては薄いけれど・・・でもボラ?」などと思っていたのですが、
ほかの釣り人さんに聞いたらコノシロだということでお持ち帰り~♪
コノシロは味は良いけれど小骨が多いので捨てる人も多いそうですが・・・
初めての調理、うまくできるかな?


家に帰って・・・今日の釣果です。
(目安としてホーローのパッドは横23cmくらい)

P8050061_convert_20120806124758_20120806125449.jpg

少ないけれどものすごく久しぶりのちょい投げだったので、楽しかったです。
子ども連れだと、親はエサ付けや糸がらみ処理に追われて満足に釣りができないのですが、
その割には3目釣れたし、子ども達も嬉しそうだったのでよかった♪


アジとコノシロ(コハダ)は下ろして酢〆めに。
釣れた魚を捌くのは、疲れていてもワクワクしますよね。

P8060073_convert_20120806124907.jpg


今日のお昼に、さっそくアジの酢〆めを丼にして食べました♪

P8060081_convert_20120806125011.jpg  P8060082_convert_20120806125034.jpg

アジはひとり5切れくらいだったのでもっと食べたいと言われ、
明日まで寝かせようと思っていたコハダの酢漬けも出して簡単握りに。
小骨がどのくらい気になるのかちょっと心配だったのですが、全然引っかからず子ども達にも好評でした。
次女は「こんな美味しいお魚が釣れるなんて!また行きたい!明日行こう!」と言っていました・笑
明日は無理だけど・・・また行こうね~♪

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

コメント

是非我が家も

行きます!連れてって下さいまし〜!w

こちらは今日は墓参り等、しなければならないことをし、また日々の疲れをとるのに時間を割きましたが、明日からは釣り三昧です。1日中、泳ぎながら釣りします!

Re: ガビーさんへ。

こんばんは♪

今回行った場所は子連れで釣りがしやすいところなので、ぜひ行きましょう~。
我が家もビギナーなのでコツはお教えできませんが、小物でよければ・・・♪

瀬戸内で泳ぎながら釣りだなんて、いいですね~♪
私は四国に行った事はないのですが、漁師さんのお家は海に面していて、
家から舟が出ていくようなイメージがあります・笑
メコン川に浮かぶ川の家みたいな・・・そういうのは今はないのかな?
(そもそもイメージが間違っているかも~^^;)

No title

うちは最近、チビ助と行くことが多くなりましたので
釣りに没頭はできないのですが(あぶなっかしくてw)
海が好きなので、行くだけでもストレス解消になります。
釣りは、釣るはもちろん、食べるとこまで楽しいですよねぇ^^
美味しそうです。
なにやら、その場所・・・
コウイカあたりもいそうな雰囲気ですな(。-∀-)♪
機会があれば餌木かスッテで試してみては^^ノ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:魚釣屋一投斎 さんへ。

こんばんは~。
お子さんと一緒の釣り、楽しまれているのですね♪
コウイカ・・・ひらめ釣りなどの泳がせ釣りでかかることがあると聞きますが、
夜釣りじゃなくても釣れますか?
イカが釣れたら透明のイカ刺しが食べられると思うと・・・たまらないですね・笑

Re: ひでぴょん♪ へ。

こんばんは~。

今日からなんだね。いいなぁ~^^
私達も早く合流したいよ~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ちょっと気になります さんへ。

はじめまして。コメントありがとうございます。
放射能の件は、心配に思うのは当然のことだと思います。
私もブログだけですと以前と変わらない生活をしているように見えると思いますが、
一年目は武田邦彦先生の記事を参考にして、子どもの外遊びや食べるものをかなり制限しました。
畑の土や井戸水、ピーちゃんたちの卵、筍などは放射線物質の測定をしたのですが、
土、水、卵は問題なく、筍は多少出ていましたが一年中食べるものではないので大丈夫だと判断しました~。
釣りに関しては、今の千葉の海は根魚以外はほとんど出ていませんし、多く釣りたくても釣れないので・笑
そのあたりは全く気にしていません。

畑で作った野菜や釣れた魚を食卓に乗せて、おいしいねって食べて、
子供たちは虫取り網を持って外を走り回って、色々なものを見つけて目を輝かせる。
そんなささやかな事がこの上ない幸せだったので、
自然に寄り添った暮らしを望めば望むほど、汚染の危険があるというのはとてもやりきれない思いですが、
汚染の程度も、それがもたらす健康被害もまだ誰にも正確には分からないので、
各々がそのご家庭に合った予防、対策をするしかないのかなと思います。
私たちは、この土地で自然のものも程ほどに楽しみ、子供たちも外で好きに遊ばせていますが、
それで大丈夫ということではないですし、予防に最善を尽くすという選択ももちろんありだと思います。
どこに価値観をおくかは人によって違いますし、状況も刻々と変わりますので、
今、ちょっと気になりますさんが良いと思う方法が、一番良いのだと思います。

参考までに、私の食べ物の選び方を書かせていただきますと、
私は、どちらか選択できるときは、より愛情、愛着があるほうを選びます。
知らない人の有機栽培のお米よりも、親戚の農薬をかけたお米、
遠くの自然卵より、ふつうの配合飼料を食べているうちのピーちゃんの卵、
外国産よりも日本産、西日本産より北海道産(故郷なので)、
自然食品店のお菓子より、隣のおばあちゃんがくれたスナック菓子です。
それが安全かどうかよりも、より身近で、気持ちが温かくなるものを食べたいと思います。

お魚に関しては、たまたま地元の海が汚染されたので、気にせず食べているように見えますが、
もし、遠くの海が汚染されたとして、わざわざ遠くの汚染された海のお魚を選んだりはしません。
地元の、自分たちを育んできた海であることが第一理由です。
私は北海道の海辺で生まれずっと浜育ちでしたので、海への愛着は人よりも強いかと思います。
ちょっと気になりますさんは関西のお住まいのようですので、
東北・関東産のものを選んで不安に思う必要はなく、
身近で納得できるものを選ばれるのがよいと、私は思います^^

ありがとうございました

あゆさん

今回、見ず知らずの私に、丁寧なコメントをして頂き本当にありがとうございました。何度も何度も読み返しました。自分の中でずっとひっかかっていたノドの小骨が取れたような気分になりました。とても気持ちが軽くなり、何事にも前向きに考えられるようになりました。心より感謝申し上げます。

3.11以来、行政がいいかげんで信頼できない上に、すべてにおける責任は個人、つまり母親の判断に委ねられる現状で、目に見えない放射能や未知数でもある放射能汚染や人体への影響を常に考える日々に大きな疲労を感じ続け、限界を感じていた今日この頃でしたが、あゆさんのように、自分はこうしたい、という軸のようなものを教えて頂けたことで、自分にも「私はこうでありたい、こうしていきたい」という基準のようなものが見えてきました。子供はまだ5歳ですが、周りの母親たちとあまりこういう話ができない(以前、この類の話をしただけで、かなり神経質だと思われるか、話が続かない、という事がありました)ので、この件について話せただけでも胸のつかえが取れた気分になりました。

本当にこのHPを見せて頂いているだけでもとても癒されるのですが、はたまた心温まるコメントまで頂けて本当にうれしかったです。本当にありがとうございました。これからも楽しみに見させて頂きますね!

Re: きみまろさんへ。

こんばんは~。コメントありがとうございます。
前回のコメントでは、HNを公開してよいか分からなかったので、
表題をお名前代わりにさせていただき失礼いたしました。

きみまろさんのご質問のおかげで、日頃の暮らしを振り返り、
気にしないとは言え、慣れすぎだったかもしれないと思う部分もありました。
また、頭の中に色々な形になって存在していて、きちんと纏めていなかった部分を、
人に伝えるということで、改めて自分はどこに価値を置くかの基準を意識し直すことができ、感謝しています。

これからも、ささいなことでも構いませんのでご気軽にコメントくださると嬉しいです。
同じ小さな子を持つ同士、よろしくお願いいたします^^
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あゆ.

Author:あゆ.
ご訪問ありがとうございます。
季節の移り変わりを感じながら、古き良き日本に倣って暮らしたいと願う一主婦のブログです。
着るもののこと、食べるもののこと、住処のことなどを徒然に綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。