スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆべし作り

2010.12.17 22:57|暮らし
以前も日記に書きましたが、今年は柚子が大豊作。
薬味にしたり果汁をとったり、少しずつ使っていましたが、
12月も後半になると熟して果汁が減り、実が落ちてしまうので、
たくさん消費できる保存食をあれこれ作っています。


PC170005.jpg

この量で全体の10分の1くらい。
ご近所さんに配ろうにも、ご近所さんの柚子も大豊作・笑
去年は数個しか成らなかったので、もうちょっとバランスがいいと嬉しいのですが・・・


PC170019.jpg  PC170020.jpg

左は柚子茶、右は果汁酢とポン酢です。
柚子茶の作り方は、煮つめてジャム状にする方法と、
梅ジュースのように氷砂糖や蜂蜜に漬ける方法がありますが、
火を長く通さないほうがフレッシュな感じがしたので、後記の方法で作りました。
千切りにした皮をさっと湯通しして、ひたひたに漬かる位の蜂蜜と果汁を入れてあります。




そして今日は、ゆべし作りに挑戦です。

ゆべしは地方によって中に入れるものが様々なのですが、
味噌と砂糖が入ることが共通のようです。
私が育った北海道では、柚子が育たないこともあって作っている人はいませんでした。
和菓子として四角くなっているゆべしを食べたことはありますが、
きっと手作りとはかなり違うと思います。
今回は、京都の料理研究家・杉本節子さんの、
「京町屋・杉本家の献立帖」に載っていたレシピで作りました。
杉本さんのレシピには、白味噌、砂糖の他に道明寺粉が入っていて、
もちもちっとしてそうで、想像するだけでおいしそうなんです♪

PC170009.jpg  PC170010.jpg

道明寺粉を蒸して、白味噌と砂糖を混ぜて柚子釜へ。
(色が茶色っぽいのはきび砂糖だからです)

PC170013.jpg  PC170012.jpg

蒸篭で2時間半ほど蒸します。

PC170022.jpg  PC180028.jpg

ひとつひとつ紙に包んで、軒下に吊るします。
このまま立春の頃まで寒風にさらすと完成。

ゆべしは初めて作ってみたのですが、おいしく出来るかな?
春になるのが待ち遠しいです♪

スポンサーサイト

テーマ:手づくりを楽しもう
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あゆ.

Author:あゆ.
ご訪問ありがとうございます。
季節の移り変わりを感じながら、古き良き日本に倣って暮らしたいと願う一主婦のブログです。
着るもののこと、食べるもののこと、住処のことなどを徒然に綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。