--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.28 09:54|暮らし
昨日、千葉に帰って来ました。

夏休みの後半は、遊園地へ行ったり、釣り堀で釣りをして遊びました。

P8240079_convert_20120828084016.jpg  P8240093_convert_20120828084215.jpg


P8250106_convert_20120828081908.jpg  P8250120_convert_20120828082017.jpg  P8250123_convert_20120828082102.jpg

P8250124_convert_20120828082138.jpg  P8250125_convert_20120828082206.jpg

釣ったニジマスやヤマメは、その場でお刺身やから揚げにしてくれます。
お刺身はサーモンのようでとってもおいしいです。


最後の夜は、登別地獄祭りへ。

P8250134_convert_20120828082240.jpg  P8250148_convert_20120828082403.jpg  P8250138_convert_20120828082326.jpg

今年は短期の帰省だったので、浴衣は持って行きませんでした。
毎年、このお祭りを見ると夏が終わるんだな~と思います。



帰ってきて子供たちが寝た後、夫の用事で職場まで夜のドライブをしました。

蜀咏悄+(3)_convert_20120828084702

夫は毎日のように見ている景色ですが、私は年に数回なので都会の夜景も観光名所です・笑
高速から見える月とスカイツリーがとてもキレイでした~♪


スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

2012.08.24 23:35|暮らし

今年も、洞爺湖畔でキャンプをしてきました。

P8220018_convert_20120824222628.jpg

北海道はもう新学期が始まっているので、まるで貸し切りのようです。



子ども達は遠浅で温かな湖で、日が沈むまで泳いでいました。

P8220002_convert_20120824225226.jpg  P8230069_convert_20120824223128.jpg  P8220016_convert_20120824221912.jpg 


お昼はオイスター焼きそばと生春巻き、夜は炊き込みご飯と、持参したおでんやホッケの干物を焼きました。 

P8220007_convert_20120824221801.jpg  P8230066_convert_20120824223429.jpg  P8220031_convert_20120824230936.jpg

炭でご飯を炊くと、火の調節が難しくて柔らか過ぎたり焦げたりするのですが、
今回はちょうどよく炊くことが出来ました。
外で食べるごはんは、どんなものでもおいしく感じますね♪


日が暮れると、向こう岸に洞爺湖温泉の灯りが見えます。

P8220044_convert_20120824230647.jpg  P8220054_convert_20120824222511.jpg

真っ暗な湖をライトで照らすとエビの目だけがキラキラと光って見えるので、
夜のエビ捕りも、とても面白かったです。


翌日は朝日を見たくて4時半に起床。

P8230064_convert_20120824222924.jpg  P8230063_convert_20120824222817.jpg

残念ながら雲に隠れて日の出は見られなかったのですが、朝焼けがとてもキレイでした。
(このあと、雷が鳴って急に雨になり、慌てて撤収したのですが・・・^^;)



帰りに、映画「しあわせのパン」でカフェ・マーニとして使われていたカフェを見て来ました。

P8230071_convert_20120824223227.jpg  

オープン前だったので景色だけですが・・・映画そのままの風景が広がっていました~♪

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

2012.08.19 21:37|暮らし

ただいま、北海道の実家に帰省しています。

P8150232_convert_20120819201042.jpg  P8160252_convert_20120819201217.jpg


留萌の海でカニ捕りや魚釣りをしたり・・・

P8170259_convert_20120819201341.jpg  P8170267_convert_20120819201438.jpg P8170261_convert_20120819210740.jpg
 
P8170285_convert_20120819201610.jpg  P8170286_convert_20120819201654.jpg  P8180318_convert_20120819202031.jpg


田舎の夏を満喫しています♪

P8180295_convert_20120819201736.jpg  P8180306_convert_20120819201857.jpg  P8180314_convert_20120819201957.jpg

 
今日は、北海道最高峰の旭岳に登って来ました。

P8190371_convert_20120819203506.jpg  蜀咏悄+(2)_convert_20120819204803  P8190318_convert_20120819202432.jpg

P8190311_convert_20120819202113.jpg  P8190313_convert_20120819202143.jpg  P8190317_convert_20120819202355.jpg

高山植物が咲き乱れて、短い夏を賑わせています。
白、紫、黄色の花の組み合わせはとても綺麗で、庭造りの参考になります。


8時半にロープウェイを降り、登り始めましたが、
6合目くらいからは濃いもやに覆われて視界が狭く、ちょっと先も見えないくらい。
気温も低く、持って来た防寒着を全て着込みました。

P8190337_convert_20120819202737.jpg  P8190339_convert_20120819202810.jpg  P8190344_convert_20120819202902.jpg


8合目を過ぎるとほとんど草はないのですが、9合目あたりからまた高山植物が群生し、
可愛らしい花を見せてくれていました。  

P8190348_convert_20120819203022_20120819204202.jpg  P8190347_convert_20120819202942.jpg


11時半に登頂♪ 標高2291mです。
頂上は風が強く濃霧でまわりは全く見えなかったのですが・・・

P8190352_convert_20120819203205.jpg  蜀咏悄_convert_20120819204845  

P8190358_convert_20120819203247.jpg  P8190362_convert_20120819203327_20120819204250.jpg  P8190363_convert_20120819203415.jpg

下山をはじめてしばらくすると、雲が切れ始め、壮大な景色が姿を現しました~♪
解けない雪がちらほらと見える山々は、来て良かったと思える素晴らしさでした。

旭岳は、岩場が多く滑りやすいところに気をつければ、子どもでも比較的楽に登れました。
ロープウェイ駅から頂上まで約3時間、下りは2時間くらいでした。
子ども達は体力がまだ余っている様子だったので、
次はロープウェイを使わず登ってみようかな(+2時間半)と思っています。

帰省もそろそろ後半に入ります。
キャンプやお祭りなどイベントがまだ残っているので、
お天気に恵まれるといいなと思っています。

 

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

2012.08.12 21:58|着物
今日は、房総のむらの「むらの縁日・夕涼み」へ行って来ました。

お昼過ぎまでけっこうな雨量の雨が降っていたので心配でしたが、
2時ごろから晴れて、お祭り日和となりました。



今日の浴衣は、前回と同じくるりさんのつわぶき柄の綿紅梅に、
awaiさんの撫子色の間帯、薄紫のとんぼ玉の根付けでした。

P8120149_convert_20120812211350.jpg  P8120151_convert_20120812211412.jpg  P8120142_convert_20120812211214.jpg 

この撫子色の帯と、薄紫の巾着つきのかごバッグと、薄紫の鼻緒の胡麻竹下駄は、
3点がとても良く合っているので、私にとっての勝負小物になっています♪


今日は浴衣で行くと入場無料なので、家族全員浴衣です♪
(とは言っても、もともと中学生までは無料、大人も300円なのですが)

P8120170_convert_20120812211445.jpg  P8120181_convert_20120812211629.jpg

娘たちは、いつも同じ浴衣と帯ではで代わり映えしないので、
今回は赤とピンクの兵児帯を結びました。


農家では、お盆のお供え支度がされていました。

P8120171_convert_20120812211514.jpg  P8120173_convert_20120812211556.jpg

ほおずきや夏野菜、スイカなどが供えられ、
中央の三つの猪口にはお茶、素麺、素麺のつゆが入っていました。
そして、土間のかまどは、いつ見ても簡素で美しいです♪


「むらの夕涼み」では、いつもは見られない夜のむらを体験できます。

P8120187_convert_20120812211727.jpg  P8120192_convert_20120812211752.jpg  P8120199_convert_20120812211817.jpg  

ラムネや射的、カキ氷などの小店で賑わう町を遠目から眺めると、本当の江戸時代のようです。
〆の打ち上げ花火は可愛らしい規模なのですが、その長閑さも微笑ましく感じるむらの夏祭りでした。



テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2012.08.08 21:23|映画

今日は、子どもたちと「おおかみこどもの雨と雪」を観て来ました。

P8080120_convert_20120808201152.jpg

私はもちろん母親目線で観ましたが、娘たちは雪に感情移入して観ていたようです。
自然の風景や建物の描写が素晴らしくて、花たちが住む家も清貧でステキでした。
背景の花ひとつひとつも、カモミールやツユクサなどきちんと現実にある花で、
季節の移り変わりがとってもリアルに感じ取れました。


着物は、くるりさんのつわぶき柄の綿紅梅を着物風に着ました。
帯は無地の生成りの麻名古屋帯、白地に飛び柄の絽帯揚げに五嶋紐の墨色の帯締めでした。

P8080111_convert_20120808201015.jpg  P8080118_convert_20120808201100.jpg

P8080105_convert_20120808200827.jpg

この浴衣は甘さがまったくないので、帯や小物に薄紫などを合わせることが多いのですが、
今日は白と濃紺だけ・・・ちょっと雰囲気が固かったかも。



そして今日は、〆ておいたコノシロを食べてみました。

P8080127_convert_20120808201918.jpg 

甘酢に漬けて二晩でしたが、小骨も気にならず脂もほどよく乗っていて美味しかったです。 
コノシロは猫も食べないということで「猫またぎ」などとまで言われているようですが、
酢〆めに関しては、骨抜きで骨を一本一本とる必要があるアジよりも扱いやすいように思います。
もっと釣って色々な料理で食べてみたいな~。

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

2012.08.06 14:44|暮らし
昨日は、朝の4時に家を出て、銚子へ釣りに行って来ました。

P8050021_convert_20120806123528.jpg


はじめはサビキましたが、周りもあまり釣れている様子がなく・・・

P8050028_convert_20120806123620.jpg  P8050029_convert_20120806123644.jpg

コマセの無駄遣いをして、小さめの黄アジ2匹だけで場所移動~。

P8050025_convert_20120806130142.jpg

マリーナでもあまり釣れていない風だったのですが、ちょい投げでイシモチが釣れました。
サビキで小アジが2匹釣れ、もうちょっと粘りたかったのですが予定があったので納竿。

P8050030_convert_20120806123736.jpg



マリーナを後にして、銚子ちぢみ工芸館へ。

P8050033_convert_20120806123802.jpg

銚子ちぢみは、江戸初期にはじまった日本で一番古いちぢみ織りの織物です。
漁師のおかみさんが副業として機を織り、上物は利根川を渡って江戸に行き、粋人に愛されたそうです。
糸に撚りがかかっているので生地にしぼができ、肌に張り付かないさらっとしたとても雰囲気のある織物で、
昭和29年に無形文化財に指定されています。
今では銚子ちぢみを織っているのは、この大善さんのみになっています。

基本的には藍染めのものが中心で、本藍先染めの縞模様や裏変わり長板染めが有名です。
縞模様は、着物人にはかつお縞がお馴染みですが、
縞の幅が細くなるにしたがって、まぐろ、かつお、さんま、いわしと呼ぶそうで、
漁業の町らしいユーモアだなぁと思います♪


こちらでは、ちぢみの白生地のハンカチに藍の絞り染めを体験できます(要予約)。

P8050036_convert_20120806123852.jpg

好きな場所に輪ゴムで絞りを作って・・・

P8050037_convert_20120806123920.jpg  P8050038_convert_20120806124039.jpg

水通しをします。(流しの前に育っているのは藍です)


大きな藍染め液が入った瓶がいくつもあって、ふたを開けると独特の匂いがします。

P8050044_convert_20120806124120.jpg  P8050046_convert_20120806124222.jpg

30秒ほどつけて取り出します。

つけた瞬間は緑なのですが、空気に触れると酸化して青くなります。

P8050047_convert_20120806124256.jpg

この工程を3~4回繰り返し、好きな藍色になったら色止めをします。


色止めのカメのふたを開けて・・・「なんの匂いがする?」
子ども達「お酢~~~!!」

P8050048_convert_20120806124330.jpg  P8050049_convert_20120806124358.jpg

酢酸液に漬けると、さらに鮮やかな藍色に変わります。


ゴムを外して水洗いして広げると・・・絞り染めの完成です♪

P8050052_convert_20120806124501.jpg

ハンカチの藍染めは一時間ほどで完成ですが、
これを10メートル以上ある反物ですることを考えると、とても大変な作業だと思います。


今回の訪問では、あわよくば銚子ちぢみの着尺でも・・・などと考えていたのですが、
伝統工芸の素晴らしさを垣間見て、私にはまだ不相応に思えたので小さながま口だけを買いました。
これはさんま縞かな・・・?

P8060087_convert_20120806131539.jpg

着付け師として自信を持って仕事をして、その技術でお金を貯められるようになったら、
銚子ちぢみの着物を誂えたいな~と思います♪



午後から、コマセを買い足し再びマリーナへ。

P8050056_convert_20120806124723.jpg

小アジがぽつぽつ釣れるだけでほぼフグ攻めで、
もう止めようか~?と思った夕方にコハダとコノシロが釣れました。
コノシロが釣れた時は何の魚かわからず、「ボラにしては薄いけれど・・・でもボラ?」などと思っていたのですが、
ほかの釣り人さんに聞いたらコノシロだということでお持ち帰り~♪
コノシロは味は良いけれど小骨が多いので捨てる人も多いそうですが・・・
初めての調理、うまくできるかな?


家に帰って・・・今日の釣果です。
(目安としてホーローのパッドは横23cmくらい)

P8050061_convert_20120806124758_20120806125449.jpg

少ないけれどものすごく久しぶりのちょい投げだったので、楽しかったです。
子ども連れだと、親はエサ付けや糸がらみ処理に追われて満足に釣りができないのですが、
その割には3目釣れたし、子ども達も嬉しそうだったのでよかった♪


アジとコノシロ(コハダ)は下ろして酢〆めに。
釣れた魚を捌くのは、疲れていてもワクワクしますよね。

P8060073_convert_20120806124907.jpg


今日のお昼に、さっそくアジの酢〆めを丼にして食べました♪

P8060081_convert_20120806125011.jpg  P8060082_convert_20120806125034.jpg

アジはひとり5切れくらいだったのでもっと食べたいと言われ、
明日まで寝かせようと思っていたコハダの酢漬けも出して簡単握りに。
小骨がどのくらい気になるのかちょっと心配だったのですが、全然引っかからず子ども達にも好評でした。
次女は「こんな美味しいお魚が釣れるなんて!また行きたい!明日行こう!」と言っていました・笑
明日は無理だけど・・・また行こうね~♪

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

2012.08.04 21:50|着物

今日は、出かける用事がなかったので、お家浴衣でのんびり過ごしました。


浴衣は絞り柄の浴衣に白×青の麻の葉模様の博多半幅帯でした。

P8040019_convert_20120804204827.jpg  P8040017_convert_20120804204802.jpg

この浴衣は母方の祖母が縫ったもので、てっきり絞りだと思っていましたが、
サッカー生地に絞り柄をプリントした?もののようです。
昭和時代に、この手の浴衣が流行っていたみたいですね~。

P8040013_convert_20120804204740.jpg

絞りでもプリントでも、祖母が縫ったものは愛おしいので、
大事に着たいと思います♪


テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2012.08.03 23:11|暮らし
GWに次女が捕まえたニホントカゲは、暑さにも負けず元気に暮らしています。
霧吹きをかけ、草むしりで見つけたバッタやミミズなどの生き餌をいれ、
せっせと可愛がっているのは爬虫類が大好きな私です。

P8010060_convert_20120803183108.jpg

ニホントカゲは日中のほとんどを土に潜って生活するうえに警戒心が強いので、
なかなか姿を見ることができず、写真を撮るのも難しかったのですが、
最近は、上のフタが開くと食べ物が落ちてくるということに気づいたようで、
食べている最中にフタを外して写真を撮っても動じないくらいになりました♪
(写真ではバッタを食べています)

つやつや、丸々の体がとっても可愛い♪

いつか手の上で餌を食べてくれないかな~・・・笑

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

2012.08.02 21:29|着物
今日は、予定通りブルーの絽着物を着ました。

P8020081_convert_20120802195435.jpg  P8020083_convert_20120802195457.jpg

昨日の日記では、水色の着物と書いたのですが、
着てみると少し曇りのあるブルーで、日本の伝統色では浅縹(あさはなだ)に近いです。
(画像では実際よりも明るく写っています)
朝、出かける前に急いで撮ったので、動いている途中を撮られたりして着姿が微妙ですが・・・^^;


小物もブルー系でちょっと無難すぎますが、授業なので遊びは無しで。

P8020092_convert_20120802195523.jpg

初下ろしの帯は、タレがけっこう余ってお太鼓も大きめになってしまったので、
もうちょっと手先を多くとっても良かったみたいです。
一度折り目がつくと癖になって修正しにくいので、最初が肝心ですね。


テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2012.08.01 21:40|暮らし

去年の大豆がたくさん残っているので、今日は豆腐を作りました。

P8010068_convert_20120801200639.jpg  P8010071_convert_20120801200706.jpg

前に作ったときは温度管理を感覚でしたせいか、ホロホロと崩れる豆腐になってしまったので、
今回はしっかりと調理用温度計で測りました~。
押す時間が長かったので、沖縄豆腐のようなしっかりとしたお豆腐になりました。

P8010075_convert_20120801200930.jpg

乾燥豆で2カップ分くらいの大豆で、出来るお豆腐は大きめのざる豆腐がふたつ。
市販のお豆腐は、食材の中では安い部類に入ると思いますが、
実際に作ってみると材料も手間もかかることがよくわかりますね~。
どのジャンルでもそうですが、職人さんって本当にスゴイなぁと思います。



そして今日は、待望の夏帯が仕立て上がってきました。
オフホワイトの、紗博多の花献上です♪

P8010072_convert_20120801200759.jpg  P8010074_convert_20120801200846.jpg

今まで、絽や紗の夏着物に合わせる夏帯を持っていなかったので、
一本目はどれにでも合うように白の無地にしました。
明日の着付け教室見学には、水色の絽の着物に合わせて行こうと思っています♪

テーマ:手づくりを楽しもう
ジャンル:趣味・実用

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あゆ.

Author:あゆ.
ご訪問ありがとうございます。
季節の移り変わりを感じながら、古き良き日本に倣って暮らしたいと願う一主婦のブログです。
着るもののこと、食べるもののこと、住処のことなどを徒然に綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。