--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.31 17:08|着物

あっという間に今年も最後の日を迎えました。


昨日はお餅つきをして・・・

PC300001.jpg  


今日は朝からおせち作りです。

PC310004.jpg  PC310007.jpg

夕方までおせち作りにかかり切りだったので、
お昼は子どもたちと夫がお好み焼きを作ってくれました♪


そして今年最後の着物は、
黒のウール着物に綿のグレンチェックの半幅帯でした。

PC310014.jpg  PC310021.jpg

今日は仕事のしやすさ優先なのでひたすら地味に・・・
新年は、お出かけ用の着物を着ようと思っているので、とても楽しみです。



PC310009.jpg

今年も一年ありがとうございました。
みなさまも、よいお年をお迎えください^^


スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2010.12.28 18:12|暮らし

お正月まであと4日になりましたね。


PC280006.jpg


PC280005.jpg

今年の注連飾りは、長女が学校で育てた稲のわらで作ったものです。
「幸運」と書いてあります^^


今日は年越し蕎麦の練習に、夫がお蕎麦を打ちました。

PC280010.jpg  PC280012.jpg


PC280019.jpg

今日は甘露煮にしておいたニシンがあったので、ニシン蕎麦にしました。
私は太い田舎蕎麦も好きなのですが、夫は納得がいかないらしく、
リベンジで今夜もう一回打つそうです・・・笑

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2010.12.25 15:13|着物

今年のクリスマスの着物は、
黒ドットの木綿着物、ベージュの紬名古屋帯、
三部紐代わりの黒のコットンレース、シェルの帯留めでした。

PC250030.jpg  PC250050.jpg

この組み合わせ・・・実は去年のクリスマスと全く同じです。


去年とちょっとだけ違うところは・・・

PC250041.jpg 

よーく見ないと分からないような、小さな根付け。 


PC240028.jpg

さらによーく見ると・・・ポインセチアのデザインなんです♪
偶然に見つけた小さなネットショップのものなのですが、
爪くらいの大きさでほんとうに可愛いんです。
目立つものではないので自己満足ですが、これだけでクリスマス気分も上がります^^



PC250001.jpg

クリスマスのプレゼントもやっぱり和装関係で、
居内商店&七緒コラボのアンゴラポンチョでした。
サンタさん、今年もありがとう~♪


テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2010.12.22 16:48|着物
今日は冬至ですね。

冬至は一年で夜が一番長い日なので、昔の人は冬至を生命の終わる時期だと考え、
それを乗り越えるため無病息災の祈願などをしたそうです。



PC220052.jpg

にんじん、れんこん、なんきん、ぎんなん・・・
願担ぎに、「ん」がふたつ付く食べ物を用意しました。


冬至には毎年かぼちゃ団子のお汁粉を作ります。
実家でずっと食べていたものですが、
オリジナルなのか、地方の習慣なのかは不明です。

PC220059.jpg  PC220062.jpg


PC220064.jpg

歯科矯正中で、おもち禁の長女もこれならOK♪



そして、今日の着物です。

PC220057.jpg  PC220048.jpg

ウールの格子模様の着物に蝶柄の半幅帯でした。
この着物は裄が短いので、半襟を多めに出して裄をごまかしました。
色がちょっとかぼちゃっぽい・・・?笑

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2010.12.18 23:34|着物
今日は年賀状用の家族写真を撮りました。

PC180015.jpg

どの着物を着ようか迷ったのですが、
家族はふだん着なので、ウールの着物にしました。
帯はコットンレースの半幅帯です。
手持ちの着物の中でも、最も飾り気のない着物だと思いますが、
そのほうが私らしいような気がしたので。

縁側で撮ったこともあって、
昭和のお母さん風の仕上がりになっています・笑



PC190021.jpg

知人・友人のみなさま、
今年こそは早めに出しますね~♪



テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2010.12.17 22:57|暮らし
以前も日記に書きましたが、今年は柚子が大豊作。
薬味にしたり果汁をとったり、少しずつ使っていましたが、
12月も後半になると熟して果汁が減り、実が落ちてしまうので、
たくさん消費できる保存食をあれこれ作っています。


PC170005.jpg

この量で全体の10分の1くらい。
ご近所さんに配ろうにも、ご近所さんの柚子も大豊作・笑
去年は数個しか成らなかったので、もうちょっとバランスがいいと嬉しいのですが・・・


PC170019.jpg  PC170020.jpg

左は柚子茶、右は果汁酢とポン酢です。
柚子茶の作り方は、煮つめてジャム状にする方法と、
梅ジュースのように氷砂糖や蜂蜜に漬ける方法がありますが、
火を長く通さないほうがフレッシュな感じがしたので、後記の方法で作りました。
千切りにした皮をさっと湯通しして、ひたひたに漬かる位の蜂蜜と果汁を入れてあります。




そして今日は、ゆべし作りに挑戦です。

ゆべしは地方によって中に入れるものが様々なのですが、
味噌と砂糖が入ることが共通のようです。
私が育った北海道では、柚子が育たないこともあって作っている人はいませんでした。
和菓子として四角くなっているゆべしを食べたことはありますが、
きっと手作りとはかなり違うと思います。
今回は、京都の料理研究家・杉本節子さんの、
「京町屋・杉本家の献立帖」に載っていたレシピで作りました。
杉本さんのレシピには、白味噌、砂糖の他に道明寺粉が入っていて、
もちもちっとしてそうで、想像するだけでおいしそうなんです♪

PC170009.jpg  PC170010.jpg

道明寺粉を蒸して、白味噌と砂糖を混ぜて柚子釜へ。
(色が茶色っぽいのはきび砂糖だからです)

PC170013.jpg  PC170012.jpg

蒸篭で2時間半ほど蒸します。

PC170022.jpg  PC180028.jpg

ひとつひとつ紙に包んで、軒下に吊るします。
このまま立春の頃まで寒風にさらすと完成。

ゆべしは初めて作ってみたのですが、おいしく出来るかな?
春になるのが待ち遠しいです♪

テーマ:手づくりを楽しもう
ジャンル:趣味・実用

2010.12.15 16:49|映画
今日、「ノルウェイの森」を観てきました。

私は原作も読んでいますが、それよりも監督のファンなので、
どのように映像化されているのか、とても楽しみでした。

以下、長文&ネタばれありますので、鑑賞予定の方はお控えください~。
辛口ですが、大好きな監督さんゆえでございます・・あくまでも一個人の感想です。



鑑賞後すぐの感想は、綺麗だけれど重い・・・という複雑な気持ちでした。
昔、「エンドレスワルツ」を観たときや、漫画「同棲時代」を読んだ読後感に近いような。
自殺&心の病が出てくるので、明るい映画にはなり得ないので仕方がないのですけれど・・・
小説では死に対して具体的な状況を想像するもしないも自由なのですが、
映像になると目を避けられない分リアルで悲しく、重いです。

キャスティングは賛否両論あるようですが、
松ケンのワタナベ君はほぼイメージどおりでした。
緑は、奔放でありながら、古風で繊細な部分もあるという感じで読んでいたので、
もうちょっと遊び慣れているようなキャラが良かったかな~と思いました。
水原さんは奔放というより清楚な感じがして、直子と対照的とまでは言えないように思いました。
そして、直子はやっぱりイメージが違い過ぎました。
どうみてもカツラと分かるロングが気になって気になって・・^^;
菊池さんの演技は真に迫っていましたが、「東京日和」のときの中山美穂さんのような、
浮世離れした透明感みたいなものが欲しかったです。
でも、29歳の菊池さんですが、ニット帽をかぶってワタナベ君を見ているバストショットなどは、
とても幼く、かよわい女の子に見え、直子とかぶりました。

出版当時から話題だった性描写のほうは、
映画では、言葉で卑猥なことを言うシーンは幾つかありましたが、
淡々とした感じでいやらしい感じはしませんでした。
でもベッドシーンの多用は見ていて綺麗なものではなく・・・
「青いパパイヤの香り」のように、一部は具体的な行為ではなく、
連想させる描写のみにしても良かったんじゃないかな~と思いました。

残念だったのは、好きなエピソードがほとんど入っていなかったことです。
緑の家に行って、家事をしなさそうな緑がてきぱきと料理するところを見て感心するところや、
その料理が純和風なところなど・・・
原作では献立も細かく書いているし、トラン監督の今までの作品のイメージから、
料理シーンは丁寧に撮るのではと思っていましたが、ほとんどありませんでした。

でたらめの歌や火事見物でのくだりや、緑のお父さんとのきゅうりのエピソード、
直子の古井戸の話、レイコさんの過去、夜中の全裸の美しさ、音楽葬など、ほとんどなし・・・
なので、登場人物たちがどのように心を通じあわせていったのかが分かりにくかったのが残念です。
私自身は、ノルウェイの森はメインエピソード以上に、
さりげない会話の内容や仕草にノルウェイの森らしさがあると思っていたので、
それらのユーモアがないと、ちょっと物足りない感じがしました。

それと、直子が自殺する前に、緑も好きだという結論を出してレイコさんに手紙を送ったエピソードは外しちゃいけなかったように思います。
あれがないと、直子が死んじゃったから緑に行ったように見えます。
また、直子の「わたしのなかに、もう誰も入ってきて欲しくないの」という、
結局どんな努力をしてもワタナベ君にも直子自身にも解決する方法がないのだということがわかる言葉がないうえに、
直子がワタナベ君に「あなたのせいなのよ(うろ覚え)!」と原作に無いセリフを言ったので、
自殺がどうしようもなかったものではなく、ワタナベ君が原因みたいな捉えかたになっていたのが気になりました。

良かった点は、60~70年代のインテリアと幻想的な大自然。
緑の家のベランダや、寮から見える木々もとても良かったです。
風や雨なども多用されていますが、風はものすごい突風で、
演技大変そう・・・などと余計なことを考えてしまいました。
でも、原作の雰囲気はかなり再現されていると思います。
女の子たちのファッションはどれも可愛いです♪
カメラワークは独特でおしゃれですが、酔う人もいるかも知れません。
映画館では後方で観ることをお勧めします。



ほとんど辛口な感想ばかりになってしまいましたが、
今回ノルウェイの森を観て気づいたのは、
私は原作のノルウェイの森に、特に思い入れは無いつもりだったのに、
ああしてほしかった、こうしてほしかったという感想ばかり出てくるということは、
実はかなり好きなんじゃないかという事です・笑

映画を観てから原作を読んだら、また感じるところが変わって行くかもしれないので、
今夜はゆっくり読み返したいと思います。
2010.12.06 14:41|暮らし

気が付けば、もう師走ですね。
言葉が表わすとおり、なにかと気忙しい最近ですが、
今週はとくに学校行事もなく、すこし一息つけそうです。

PB110002.jpg

日中はぽかぽかとした陽気が続いて、ワンコもまったり・・・



大掃除を始めていたら、気分が乗って大掛かりな模様替えをしてしまいました。
忙しいときに限って、模様替えをしたくなるのは何故なんだろう・・・笑

クリスマスグッズも出して、和の家もすこし洋風な雰囲気に。


PC060051.jpg  PC060047.jpg

冬の寄せ植え。               IKEAのもみの木

PC060050.jpg  PC060049.jpg

トイレの飾りは、過去のアドベントカレンダーです。 
子どもたちも、おもちゃで馬小屋を作りました。



そして久々に和装関係のお買い物♪

PC060058.jpg

ブルーグレーの立涌柄の二部式襦袢です。
ブルーは春夏に合うけれど、霜が降りるような寒い冬の日にも合いそう。
早く袖を通したいな~^^

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あゆ.

Author:あゆ.
ご訪問ありがとうございます。
季節の移り変わりを感じながら、古き良き日本に倣って暮らしたいと願う一主婦のブログです。
着るもののこと、食べるもののこと、住処のことなどを徒然に綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。