--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.31 19:25|暮らし

洋服から着物へと、好みが移り変わってゆくのと同時に、
食器の好みも少しだけ変わってきました。

以前は焼き締めのような土っぽい厚みのある器が好きだったのが、
今まで全然見向きもしていなかった、昔の染付けに惹かれるようになったのです。

何故なのか自分でも不思議だったのですが、
松竹梅や、季節の花や鳥や、おめでた柄のような、
洋服のときには絶対に着ないような柄を着物で着るようになって、
日本ならではの模様に親しみが出てきたのかも知れません。

食器は江戸後期から大正頃の染付けや印判が中心ですが、
昔の器で食事をすると、その時代に確かに生きていた人の存在を感じます。
どんな人がどんな場所で使っていたんだろう?
そんなことに思いを巡らせるのも、また楽しいものです。


17
スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2009.01.30 14:56|着物
今日は一日中雨のようです。

私は、雨の日は着物を着ません。
ウールや木綿の着物は洗えるとは言え、裾に泥はねが付くと悲しいので・・・。
明日はお日様が出るかな~。

さて、話は変わって、
今日は着物に夢中になったきっかけを書こうと思います。

私はもともと昔好き、和物好きなのですが、
着物に関しては、今までまったく着ようと思ったことはありませんでした。
第一、着物は誂えると何十万もするものと思っていましたし、
着付けもきちんと専門の方に頼まなくてはいけないのだと思っていました。
それならわざわざ着物を着なくてもいいなあと・・・。

ところが、夏休みに実家へ帰ったとき、何故か着物の話になり、
次女の七五三くらいは、自分も着物を着ようかな~ということになり、
色柄が好みのものを何枚かもらって帰ってきました。
着付けも何もわからなかったので、ネットで色々調べてみると、
持ってきた着物のほとんどはウールや木綿や紬で、
式典などには適さない普段着だと言うことがわかりました。

着物はハレの日に着るものだと思っていた私は、
普段着の着物ってどういうこと?と不思議でしたが、
着物にも洋服と同じように、普段に着るものもあって、
着付けも自己流でもかまわないし、素材によっては洗濯機でも洗える。
それなら着られそう、着てみたい!と思うようになり、
さっそく、図書館で借りた着付けの本を片手に着物を着るようになりました。
そして、着物のことが色々わかってくるうちに、
着物や帯の柄、素材、色あわせ、小物使いなどで、
細やかな季節の移り変わりをあらわせるということが、
季節を感じて暮らしたいと願う私の気持ちにぴったりと寄り添ったのです。

こんなに奥深くてたのしいことがあったなんて・・・。
着物に出会えてよかった・・・。


きっかけとなった、次女の七五三。
今見ると直したいところがいっぱい・・・(笑)。
15

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2009.01.29 11:28|着物
今日のウールの着物、おばあちゃんっぽいと家族に言われます。
私は洋服でも、黒やグレー、紺といった地味色が好きなので、
着物でも、地味な色の組み合わせにすることが多いです。

昔は、若い人が着る色、年を取ってから着る色というように、
着物の色についての決まりごともあったと思いますが、
洋服のセンスが一般的になっている今の時代では、
若い人が地味色を着るのも良いんじゃないかな?と思います。
それに、派手な色の着物は年齢を重ねるにつれて着られなくなってしまいますが、
地味な色の着物は、今からおばあちゃんになるまで着られます~。

・・・なんて、結局は私が地味色の着物を着たいがための言い訳です(笑)。

着物を着始めてまだ日が浅いので、こんなことを言っていますが、
慣れてきたら派手色や柄物の組み合わせも自然にできるようになるのでしょうね。


14
小花柄のウールに着物に木綿の藍の付け帯、
深緑の帯揚げと、グレーに玉が付いた帯締めです。
70歳になっても、このままの組み合わせで着られそう(笑)。

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2009.01.28 14:12|着物

洋服と比べて、着物で家事をするのはちょっと大変です。
昔の人は着物で全てやっていたので、できないはずはないのですが、
洗濯物干しや床拭きなどは、やっぱり洋服のほうがやりやすいので、
私は、朝、着物に着替える前に済ませるようにしています。

でも、一日中なにかしらの家事をしなくてはならいのが主婦なので、
着物でもサッと家事ができるようにしておきたい。
そういうときに無くてはならないものが、割烹着とたすきです。
とくに寒い日は、割烹着を一枚着るだけで暖かさが全然違います。


13

割烹着を着ると、一人前の主婦という自覚が自然と沸いてきます。
私は結婚するまで看護師をしていましたが、
白衣を着ると気持ちが切り替わって、プロの「看護師」になれました。
割烹着にも、白衣と同じような魔法があるような気がします。
でも、娘たちには「給食のおばさんみたい」と不評なんですけれどね・・・。


割烹着の中の着物は、木綿の花柄です。
けっこう目立つ柄で、私にしては派手なのですが、
リサイクルで600円だったので惜しみなく着られます。
裄もかなり短い!のですが、家事をするには好都合かも。
帯は博多の半幅帯を締めました。
12

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2009.01.26 16:06|暮らし
我が家は、築年数不詳の小さな古民家です。

水周りはリフォームされていますが、土間があって、囲炉裏があって、
田の字に部屋がつながっている、典型的な農家の作りです。
冬は洗濯機が凍るほど寒く、梅雨時期は湿気がすごいなど、
生活するうえで不便なところもたくさんありますが、
それよりも、ほとんどが木と土とわらで作られている家の居心地よさは何事にも変え難いものです。

古民家は、よほど作りの良いものでなければ建物自体の価値は低く、
平均的な新築の建売を買うよりもう~んと安いです。
この家も、価値があるのは土地だけで、上物は財産にならないといわれました。
でも、年月を経なければ生まれない壁や柱の重厚さは、とても貴重なものだと思うのです。
私は、そんな風情のある家が荒れ果てて消えていくのがとても寂しい・・・。

不要となり壊されて、今風の新建材を使った家に変わってしまう前に、
ひとつでも多くの古民家が、人に住まわれて愛されて、
今の形のまま残っていったらいいなあと思います。


10

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2009.01.25 21:43|着物
お正月に着た着物の覚書きです。

この日は部落に新しく来たお嫁さんのお披露目会でした。
部落なんて書くと、いつの時代?と思ってしまいますが、
田舎では、今でも近所同士の連結が強く残っています。
近所のおばあちゃん達は面倒なしきたりなどは無くして良いと思っているみたいですが、
今まで経験のない私には、古いしきたりも新鮮で面白いものです。


グレーとピンクの変わり水玉の小紋に薄紫の紬の帯、
ベージュの帯揚げと帯締め。
9
地味だけれど、この組み合わせはけっこう好きです。


帯は紅白の梅模様でした。
8

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2009.01.25 18:02|着物
着物を着るようになって、いつも悩むのが髪型です。
今、肩につくくらいの中途半端な長さなので、
普段は前髪をポンパドールにするか、横流しにして、
後ろをひとつにまとめるくらいしかできません。
お出かけのときくらいは、もうちょっと華やかに見える髪型にしたいなあと思うのですが、
髪の長さ&自分の技術を考えるとちょっと難しいです・・・。
かんざしや髪留めを使ったほうがいいのかも知れません。

今日は後ろをねじって丸めてピンで止めただけ。
4


着物は昨日と同じものです。
帯はグレンチェックの半幅帯にしました。
3





テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2009.01.24 20:35|着物
着物で暮らしてみよう、と思い立ってから数ヶ月がたち、
今ではほぼ毎日着物を着ています。
でも、手に取るのはだいたい同じもので、濃い色のウールや木綿ばかりです。
それらのほとんどが、お下がりやリサイクルで安く買った着物です。

私にとっての着物は、お出かけ着して着るものではなく、
家事をしたり子育てをしながら着るものなので、
汚してはいけないと、気を使うような着物は合いません。

それに、着物を汚さないように気をつけて過ごすのって、すごく疲れます。
お正月は何回か正絹の着物も着たのですが、
いつもは朝から晩まで着物を着ていても全然辛くないのに、
正絹を着た日は、ぐったりと疲れて、はやく脱いで楽になりたいと思ってしまいました。
正絹は肌触りが良くてとても気持ちよいのですけれどね・・・。


今日の着物も黒のウールです。
エンジ色の木綿の帯をお太鼓にして、深緑の帯揚げと帯締めをするのが定番ですが、
せっかくブログを始めたのだから、色々な組み合わせも試してみようと思います。

2

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

2009.01.24 19:57|着物
1

はじめまして。

田舎で、着物暮らしをしています。
好きな着物のこと、暮らしまわりのことなどを、
思うままに綴っていきたいと思います。

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あゆ.

Author:あゆ.
ご訪問ありがとうございます。
季節の移り変わりを感じながら、古き良き日本に倣って暮らしたいと願う一主婦のブログです。
着るもののこと、食べるもののこと、住処のことなどを徒然に綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。